園の方針

教育目的「やってみたいエネルギー」

自信

自己の価値を知り、明るい未来を感じる。

安心

大切に思っている人たちが、たくさんいることを心にしみ込ませる

自立

自由時間を大切にし、自分で考え、判断して行動する力を養う。

『やってみたいエネルギー』が育ち、自分で考えて判断し行動することにより、さらに楽しくなりやってみたいことが増えるのです。そして一人でも多くの子どもたちが幸せいっぱいな大人になることが、“きっずるー幼稚園”の教育目的です。

幼児期には愛情をたっぷり受ける事が最も重要です。そして、成長するに従って同様に大切になってくる事は、自分が他人に愛情を与えるようになる事です。血液と同じで愛情も循環させないと腐ってしまいます。その状態が、暴力的な言動や行動、引きこもりなどの精神的な不安定をまねきます。自然に愛情がだせるように小動物を飼ったり植物を育てたりします。先生の手伝いもそうです。しかし最も効果がある事は、友だちの為に何かをする事です。困っている友だちや年下の友だち、また支援を必要とする友だちがいると自然に理解し手を貸す事を身につけます。他の人の役に立つ事の喜びを学ぶ事ができ、たくさんもらった愛情を循環させる事ができるようになります。精神的にとても豊かに成長していきます。違う一人一人が集まって一緒にいる事が素敵な事だと気づいてほしいと思っています。できる事も違えば、できない事も違うのです。そこを補い合う事が愛情の循環を生むのです。助けられた方よりも助けた方がより多くの心の豊かさを与えられているように思います。

ー メソッド ー

3つの想像力育成から生まれる創造力

人の気持ちを理解する想像力

自分と友だちが大切な存在であることを理解する。行動や発言が大切な友だちにどう影響するかを考える想像力を養います。

立体の想像力

クッキングレッスン、木・紙・空き箱による製作、砂・粘土・ブロック遊びを通し、立体空間の想像力を身につけます。

時間の経過による変化の想像力

植物や動物を育てることや、天候などの変化する過程を観察・体験します。時間の経過によって起きる身近な物事の変化を想像できるよう導きます。

以上の3つの想像力を育成することにより、全く新しいものを創造する力を養います。

英語が母語でない子どもたちが、無理なく自然に英語習得を図るためにイマージョン(immersion)教育法を取り入れています。日常的に多国籍の先生たちとのコミュニケーションを楽しむ経験を通じて英語に親しみます。

通常保育における日本人保育者からの語りかけを中心に、各活動を通じて正しい日本語の語彙、慣用句の使い方を学びます。言語を学ぶことにより、日本の文化を深く知ることができ、日本人としてのアイデンティティーを確立します。

全ての園児が安全かつ十分に園生活を楽しめると判断した場合は、できるだけ積極的に受け入れていますので、お子様の発育などに不安がある場合は、入園前にご相談ください。一つの個性として受け止め、無理のない範囲で保育活動に参加していただきます。療育は行えませんが、友だちと共に活動する中で社会性を学び、園生活を楽しく過ごします。 また、子どもたちにとっても支援が必要な友だちとかかわる事は、心が豊かに成長するとても大切な機会と考えています。愛情を受けるばかりではなく、与える側にもなる事は、愛情の循環を良くし豊かな心の人間形成にとても役立ちます。 子どもたちは一人ひとりがとても大切な存在であり、どんな時も掛け替えの無い友人であることをきちんと学んでほしいのです。助け合い、尊重しあってほしいのです。それができない限り真の意味での幸せはありえません。

 テーマ
2週間ごとに定めたテーマに沿ってカリキュラムを構成します。体のことから宇宙のことまで、テーマに沿って総合的に学びます。「自由にのびのび」多種多様な教育活動が行われます。

 日替わりの活動

 音楽遊びの時間
音楽の先生が来てレッスンを行います。音楽に合せて体を動かしたり、楽器を使ってリズム遊びをするなど、リトミックの要素を取り入れながら音楽に親しみ、音や感情を表現する時間です。

 サイエンス(発見)の時間
生活の中には、たくさんの発見が隠れています。色や食材の変化を実験したり、植物や生き物を観察したり、料理を作ったりと様々な角度から物事の変化や反応を発見する時間です。

 中国語の時間
シンガポールという土地柄、中国語(マンダリン)に日常的に接することも多くあります。挨拶、歌やダンス、絵本の読み聞かせなどの活動を通して、中国語に親しむ時間です。

 スペシャル英語クラス
イギリス人の先生が来てレッスンを行います。発声や英語の言葉遊びなどを通して英語に親しみます。シンガポールの英語を知ったうえで、他の発音や表現の仕方を知る時間です。

 運動クラス
手や足など、体の部分を意識して使いながら全身運動を行います。ルール遊びやマット運動など、年齢に合わせた運動を規律やマナーを学びながら行う時間です。

 サッカークラス
N2~K2の園児を対象に、シュート・フットボール・アカデミーのコーチが来て外の広い芝生にてレッスンを行います。ボール遊びを中心として、サッカーなどの運動遊びに親しむ時間です。


TOP